日本縦断転勤族日記
私の思うところ
家族のきずなは深まるのか?
子供が感じていること
出会いと別れの楽しさと寂しさ
増えていく思い出と宝物
仕事か家庭か?最近の人はどうなの?
海外への転勤はアリ?
我が家は全員人見知り知らず
転勤族のメリットは・・・
もう、引っ越しするときに何をするかを覚えたよ
転勤することでいつも面倒なこと

増えていく思い出と宝物

転勤生活が長引くと色々と物入りになります。
一番困るのは家の中のもの。

住まいは基本的には会社の社宅か借り上げ住宅になるわけですが、形も広さも大きさも高さも色々になってしまい、例えばカーテン一つにしても色々なサイズのものを持つわけです。前の家で使っていたものはこちらでは長すぎるとかね。

(大体カーテンとかを買うのはニトリ!

とはいえ、次の家で使えることもあると思うとうっかり捨てられないし・・・まあ、衣料品に関してはいわゆる収納ケースをたくさん揃えて、引越しのときもそのまんま持っていけるようにはしているのでその辺は楽ですが、子どもが大きくなってくるとそのケースも増える一方。

写真に関しては、今はデジカメがあるので、アルバムとかはある時点を
境目に殆どなくなりました。下の長男なんか結構かわいそう。

今使っているデジカメはこれ

長女の小学校の教科書なども年度の途中に転校すると
別なものになったりするからとにかくいろんなものがたまりがち。

まあ、もちろん、引越しは最大の片付けのチャンス。

できるだけ捨てることに腐心はするけれど、でもねー
結局あんまりあけない箱ほどチェックするのが後回しとかになってしまったりして(涙)。

それにねー別れるときにもらったものなんか捨てられないよう(涙涙)

とはいえ限りがあるのでもう時には心を鬼にしてガーンとすてちゃう。

ただ心の中には色んな映像を残しておきたい。
写真なんかもPCの中に入れておいて、ときどき眺めたりね。

そしてこうした思い出は私たち4人家族しか共有できないかと思うとそれだけでより家族の絆が強まる気がします。

そうそう!そういう意味では一番のたからものはメールかな。

引越しが終わるとその土地の友達とのメールを携帯のメモリに入れておいて、PCにダウンロードして新しい生活が落ち着いた頃に整理をかねて読み直す。

前々回の引越しのあとから始めたけれど、結構子ども関係の付き合いなども増えてきた時期だから写真などと組み合わせてPCにフォルダをつくってまとめるっていうのをやってます。

子どもたちが大きくなってからきっといろいろ忘れちゃったり「あれはどこにいた時の話だっけ」って絶対になると思うから結構大事な「人生の財産」になりそう。

そういう意味だときちんと継続していかなくちゃねと思っています。

Copyright (C) 2013 日本縦断転勤族日記 All Rights Reserved.