日本縦断転勤族日記
私の思うところ
家族のきずなは深まるのか?
子供が感じていること
出会いと別れの楽しさと寂しさ
増えていく思い出と宝物
仕事か家庭か?最近の人はどうなの?
海外への転勤はアリ?
我が家は全員人見知り知らず
転勤族のメリットは・・・
もう、引っ越しするときに何をするかを覚えたよ
転勤することでいつも面倒なこと

転勤することでいつも面倒なこと

転勤というよりも引越しによって面倒なことはやっぱり各種手続きでしょうね。

住民票の異動は基本中の基本、郵便局に届出をだす、銀行なども住所変更の書類を取り寄せたりネットなどで連絡をする(そのたびに証明書類の住民票などのコピーとかを出すのも、ホント、わずらわしい・・・っ(――;)、子どもたちの学校や幼稚園などの転校手続きなどなど引越しの前後で本当に駈けずり回らなくてはなりません。

他にも電気、ガス、水道などの切り替えでしょ、周辺への挨拶等々。

場合によっては「引越しました」葉書も出さなくちゃなりません。

パパも会社の取引先の人に以前は葉書を書いていたみたいだけど。

今はメールでできるようになって大分楽になった・・・とは言っていました。

そうした手続きを経てやっと落ち着いたなーと思ってしばらくするとまた次の転勤の話がやってくるって感じなので、大分手際はよくなったと思いますが、実働的に時間とお金を取られます。

また新しいところに移ったあとも「自分の場所」を作るのが割りと面倒ですね。

家なども前と同じ広さであればいいでしょうが、建物によっては例えば雪国の壁の厚い家などでは図面上では入るはずのたんすがダクト等の関係で入らなかったりするので、家具の配置などが当日になっててんてこ舞いになってしまったりします。

また近隣のスーパーだったり必要な公共機関の場所などをチェックすることも忘れてはなりません。

一度など、自転車が盗まれてしまって警察行こうとしても田舎のことでどこにあるか全然分からない。

仕方なく110番に電話したら「パトカーで行きます」と言われて慌てて断ったこともありました。引っ越して早々パトカーに来られたらご近所さんがどう思うことか(涙)・・・。

まあ大体そんなところでしょうかね。

あとは底値のスーパーを開拓するのが大変!とかでしょうか?そういう意味だと新聞は絶対必需品ですね。広告がないとどこに何が売っているのかの情報全然分からないもの。必須アイテムですよ。

ということでいろいろ転勤、引越しは面倒なんです。転勤族の人は大変なんですよ、皆さん。

Copyright (C) 2013 日本縦断転勤族日記 All Rights Reserved.