日本縦断転勤族日記
私の思うところ
家族のきずなは深まるのか?
子供が感じていること
出会いと別れの楽しさと寂しさ
増えていく思い出と宝物
仕事か家庭か?最近の人はどうなの?
海外への転勤はアリ?
我が家は全員人見知り知らず
転勤族のメリットは・・・
もう、引っ越しするときに何をするかを覚えたよ
転勤することでいつも面倒なこと

仕事か家庭か?最近の人はどうなの?

夕べ突然うちのダンナのいとこから電話がかかってきました。

なんでもその人も保険会社で転勤生活をしているらしいのですが、今度結婚することになり、これからどうするかと奥さんになる人と早くももめているとか。

彼女が仕事好きらしくて引越しとか絶対いやだって頑張ってるんだって笑っていたけど、同じ立場だった私としてはぜんぜん笑えない話。

そらそうだよね。慣れ親しんだ土地を離れて結婚するだけじゃなくて職場もやめなきゃいけなくて、その後点々と地方巡業の旅だもんねえ。

何の抵抗もなくついていく人なんかいる訳ないでしょ。そういう意味だと全国の転勤族の旦那さんはついてきてくれた奥さんたちにもっと感謝をしなければなりませんよ。

また、ついてきてもらえなかった人も諦めてもらいたいもんです。

うちの場合はもめるというよりは、私とダンナどっちかが転職するならばタイプとしては私の方がつぶしもきくし、何とかなるかというところまで追い込まれて私が折れた格好かな。

子どもが生まれてからは「小学校卒業まで」ついていって後は実家の近くに根を張るぞーってなコトで実は今から老後を見据えた計画を立てているところ。

転勤族の最大の?魅力は住宅費が安く済むところだから、それを無駄遣いせず、きちんと貯めておけばそうしたことにも備えられるわけで。

・・・なんてことはやっぱりバブル世代でしっかりいろいろ考えている私とかならではかも。

今の若い世代(おーヤダヤダこのフレーズ)の人たちは最初から不景気の時代しか知らないから、お金を使うことも上手じゃないし、どうしてもその場その場で考えがちな気がします。

最初から先々を決めておいたほうが多少厳しい条件でも我慢できると私なら思うけど、「そんな先のことわからないから」ということなんでしょうね。

目先のところで好き嫌いだけで判断しているような気がする。

件のいとこも結局どうするのか分からないよね。奥さんもそういうカレシと付き合っていることで割り切るか、いっそ今からそんなにもめるなら、最初っから単身赴任・・・ってことになるのかなあ。

仕事か家庭かとなればオトコの人も昔は抵抗なく仕事取ったんだろうけど、いまどきの若者は仕事やめちゃうこともありえるからなあ。

でもそうなったら彼女の方が、その分「食べさせてやる」くらいの気概が欲しいところ。そういう考え方も古いんだろうけどね。

まあそういう意味だと転勤族という人種もだんだん減っていくのかもね。

企業的にもお金もかかるしかなり大変だからね。

本当はインターネットとか交通網の発達で以前よりずっと日本は狭くなったはずだけど、いまどきの人には慣れない土地にどんどん行かなきゃいけないライフスタイルなじまないような気もするな。うちもどこかに落ち着かないかなあ。

Copyright (C) 2013 日本縦断転勤族日記 All Rights Reserved.